ものまね紅白歌合戦オーディションに応募した話【そっくりさん】

僕は中尾明慶さんに似ている。

スポンサーリンク

 

それは母親にも言われる程で、
テレビに中尾さんが出演していると、母は毎回録画をしていた。

「ケイタがテレビに出てるよ!」と言って、僕が実家に帰るたびに、撮り貯めてある中尾さんの出演番組を録画したリストを毎回見せてきた。それ他人だよ。

 

 

 

 

そして僕が中学生になるくらいの頃、中尾さんがどんどん有名になったことにより、友達や通行人に、中尾明慶さんに似てるって言われる機会が増えた。

 

すれ違いざまのギャルに、「今の中尾じゃね?」って友達と話してるのが聞こえた時もある。

 

妻と台湾に旅行に行った時、日本人の観光客の写真を撮ってあげた後に、「今の人めっちゃ中尾君じゃん」と小声で友達と話してたのを僕は聞き逃さなかった。

 

中尾君本人が旅行に行ってる写真をSNSにアップしてたから、その写真をスクショしてそのまま母親に送ったら、「ケイタ旅行行ったの?いいじゃん。」って言われた。Heyマム、それは僕じゃない。

 

 

ここ最近は「仲里依紗の旦那に似てる」って言われることが多い。

 

 

中尾さんに似てると言われても、最初の頃は謙遜して、「いやー、そんなことないよー」って言ってたんだけど、段々僕から食い気味で「中尾君ね、似てるでしょ」って答えるようになった。

 

中尾明慶さんのキャラ的に、自分から似てるって言っても嫌味が無いから助かった。

不思議なもんで、僕が髪を変えたり、眉毛のカタチを変えたり、ヒゲを生やしたりするタイミングで、向こうも同じ感じのイメチェンをしてる事が本当に多い。

服の趣味も、バイクや車の趣味も割と合う。

マジで遺伝子レベルで兄弟なのかもしれない。

 

 

 

 

批判を覚悟で言うんだけど、僕はたまにEXILEの岩ちゃんに似てるって言われる事もあるんだよ。ふふふ、うれしい。

ただし、こればっかりは妻から「岩ちゃんはダメ、ファンからボコボコにされるよ」って怒られた。中尾さんなら良いんかい。

 

 

 

そして最近は妻に、「寝起きの時、さとうきびに似てる。さとうきびちゃん。」って言われます。

 

意味はわからないけどバカにしてるってことだけはわかる。

 

 

 

 

そういえば昔、[笑っていいとも]っていう番組で「そっくりさん選手権」みたいなコーナーがあったから応募したことがあるんだよ。

 

周りから、「絶対にケイタはいいとものそっくりさんで満点貰えるくらい中尾君に似てる」と言われていたからね。

 

で、僕は頭をモヒカンにして、いいともに応募したんだよね。

 

 

当時、ルーキーズっていうドラマがやっていて、中尾明慶さんがモヒカンヘアーだったからね。

やっぱりやるからには気合い入れないと。

 

 

 

当時の写真。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、応募して数か月後に笑っていいともの放送が終了した。

 

笑えない。

 

 

 

 

 

 

こんなことってある?

 

 

 

 

 

 

モヒカンにしなければよかった。

 

 

 

 

 

「今のケイタの髪型キモいから、今のお前とはSEXは出来ない」と当時の彼女に泣きながら言われた。

止まらない負の連鎖。泣きたいのは僕だ。

 

 

 

モヒカンにしなければよかった。

 

 

 

 

それからは、ものまね番組に出ようって思わなくなってきたんだけど、ここ最近すごいんだよ。

ほぼ毎日、マジで誇張無しで1日最低1回は誰かから必ず、「中尾君に似てますね」って言われるからね。

 

 

そこで、せっかくの機会だし、友達と酒飲んでる時に話すネタにでもなればいいかなって思って、ものまね番組に応募することにしたんだ。

 

 

 

 

で、ここからが本題だよ。前置き長いな。ごめんね。

 

 

 

2018年12月にものまね番組に応募しようと動き出したところ、出演者を募集している番組は、AとBの2社があった。

A局は歌合戦がメイン、B局は顔だけそっくりさんがメイン。

 

 

 

僕は顔が中尾さんに似てるだけで特に芸は出来ないけど、
合格率を上げるために両社に応募した。

 

 

応募方法は、公式サイトの応募フォームから写真を送るだけ。

僕も写真と連絡先を記入して送信した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして応募から2か月後の2019年2月。

 

 

 

応募したことを忘れかけていた頃に、妻からLINEが来た。

 

 

 

「ポストに何か入ってるよ」というメッセージと共に写真が添付されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔審査通ってるー!!

 

 

 

 

 

笑った。

 

 

 

妻も、ポストを開けてこのはがきを見つけた瞬間笑ったらしい。

 

 

もしこれから、そっくりさん番組のオーディションに応募する人がいたら覚えておいてほしい。

結果は2か月後くらいにハガキで来るみたいだ。

 

これで顔審査は通過した。

 

 

良かった。
テレビ業界の人から認められるって事は本当に僕は中尾さんに似ているんだろう。

 

 

 

ちょっとだけ満足してしまった。

 

 

 

 

 

 

でも、せっかくここまで行ったならテレビに出てみたい。

 

 

僕はオーディションを受けることにしたのであった。

 

 

 

 

次回の記事で、オーディション編を書こうと思う。

オーディションの詳細は書けないが、当日の流れとか書く予定だ。

 

 

 

ちなみにもうオーディションは終わっている。

緊張して汗が5リットル出たよ。

 

合否がわかるのはもうちょい後みたいだよ。

 

 

 

 

それではまた次回。

 

次の話

ものまね紅白歌合戦のオーディションで心が折れた話

 

RELATED POSTS


1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。