超極暖すごいや、普通のヒートテックと全然違う

今まで着てこなかった事を後悔するくらい暖かい。

スポンサーリンク

それにしても今年寒すぎですがな。

 

僕はヒートテックが今まで好きじゃなかった。

今までのヒートテックは、外ではそんなに暖かくならなくて、室内に入ると急激に暑くなる感じが苦手だった。

 

しかし、今年の爆裂寒波に負けて、ついにヒートテックを買ってしまった。

 

 

 

 

 

 

そんな僕だけど、最後に買ったヒートテックは確か3年前くらいだった気がする。

 

 

今発売されているヒートテックって何種類かあるんだね。

今回は、「極暖」と「超極暖」の二種類を買ってきたんだけど、暖かさも着心地も全然違くて驚いた。

結論から言うと、極暖と超極暖どっちも最高だけど、暖かさを求めるなら間違いなく超極暖一択だ。

 

インナーに2000円も出せるか!って思ってたけど、これは買って損は無い。

 

 

まずは極暖と超極暖の違いを説明しようと思う。

 

極暖は、ツルッとしてサラッとした感じの生地だった。(表現力とは)

 

 

極暖の生地自体も薄いから、細めのシャツとか着てもシルエットが綺麗なのがメリットだと思う。着膨れないのが最高。

そして数年前のヒートテックのデメリットだった「外ではそんなに暖かくならなくて、室内に入ると急激に暑くなる現象」が無い気がした。

これめっちゃ良い。

 

 

 

そして超極暖。完全に王者だった。
色んなブランドが暖かいインナー出してるけど、間違いなくユニクロの超極暖ヒートテックが最強で優勝だ。(語彙力とは)

 

 

極暖がツルッサラッなのに対して、超極暖は裏起毛でフワッフワ。表面は普通の生地だよ。
着た瞬間から暖かいのに、嫌な暑さは無い。

着心地が良すぎて、超極暖のタイツも買ったんだけど、タイツがすごい良い。

僕は肌が弱く、タイツとか履くと肌が絶対痒くなるんだけど、超極暖のタイツは全く痒くならない。これは本当にすげぇ。

 

ただ、超極暖の唯一のデメリットはちょっとだけ生地がブ厚い。

スキニーや細めのシャツを着ると若干太くなる。でもそんな気にならないかな。

 

それと、極暖と超極暖のサイズ感なんだけど、これは自分がいつも着てる服のサイズで買った方が良いと思う。

ヒートテックって適度な隙間がある方が効果が発揮しやすいらしいよ。

ただ、タイツに関しては僕はちょっと大きかった。ワンサイズ小さくても良かったかもしれない。

 

 

 

 

最近のインナー事情は以下に載せるコーデの場合が多い。

 

 

・めちゃくちゃダサい色が理由でセールに出されていたであろう茶色いユニクロのダウンベスト(900円)
・超極暖の上下(セールだったから二つで3000円)

 

 

 

おじさんや。ダサみの主張がヤバみ。

 

 

 

 

 

妻から「終わってる」と言われた。

 

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。