ビビりな話

僕はビビりだ。

 

スポンサーリンク

人に驚かされるとすぐビクッってなる。

 

街でも、歩いてる人とぶつかりたくないから道のはしっこを歩く。

 

雨の日に傘がブツかるのもイヤだから傘は極力ささない。濡れた方がマシや。

 

狭い道に複数の友達と横一列で歩いてる時、後ろからチャリが来てベルを鳴らされるのもイヤだから、通行の邪魔にならないように僕だけ後ろを歩くことが多い。

 

 

何よりも、街で通行人と目が合うのがこわい。

目が合いたくないから大体下を向いて歩いてる。それか斜め下を見てる。

 

通行人と目が合うのってこわくない?

 

しかもみんなあんまり友好的な感じの視線じゃないのは何故?僕の顔はそんなに気に食わないのか。笑

 

 

僕はずっと思ってるんだけど、何で世の方達は初対面の通行人の目をあんな長時間見ることができるんだろう。すごいよ。

 

こわくないんだろうか。どういう感情で見てるんだろうか。友達になりたいんだろうか。喧嘩したいんだろうか。無感情なんだろうか。

 

 

 

 

僕は人の目を長時間見つめるのが苦手だ。なんかドライアイみたいな感覚になってくる。後知らない人がこわい。

男同士で見つめあっても何も楽しくないじゃない。

 

 

 

まぁこんな感じで色んなことにビビってる僕だけど、僕のビビりエピソードが一つある。

 

 

これは僕が高校生の時の話だ。

ある日、当時付き合ってた彼女の実家に遊びに行ったんだよね。

 

 

 

彼女のお家の前に着いて、お家の方に挨拶しなきゃ・・・!と思ってたんだけど、
彼女は「挨拶しなくていいからそのまま部屋上がろ」と言うから僕はバツが悪い感じでコソコソと彼女の部屋まで行ったんだよね。
玄関のドアも音を立てないようにすっごいコッソリ開けて家に上がった。

 

 

 

 

 

 

で、部屋に行ったらそういう雰囲気になるじゃない。

 

ベッドに移動して二人で布団被りながらそういうことしてたわけよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたらいきなりドアがガチャっと開いたのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

その時の僕はというと、彼女に覆いかぶさるような体勢だったんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ終わったよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の後ろに立っている人物が誰にせよ、これ終わったよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ振り返ってみると、そこには鬼の形相で僕を見ているご親族の方が立ってるんだよね。(その方は母方の叔父さんだったみたい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔面サーッだよね。悟るよね。一瞬で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が無言で固まってると叔父さんが一言ボソッと言うんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「てめぇ、俺の目の黒いうちはそういう事許さねえぞ。あ?ぶっ飛ばすぞ?」って。

 

 

 

 

 

 

 

 

すんごい怖くてさ。

 

 

 

 

 

 

最小の音量で「すみません・・・」しか言えなかったんだよね。

f:id:ika-blog:20181203155551p:plain

 

 

 

 

数秒間無言が続いた後、叔父さんはドアをピシャンと閉めて去っていったんだよね。

 

 

 

 

助かったよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

リトルケイタも一瞬で縮んだよね。

 

 

 

 

多分通常時よりも縮んでたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女も、「すごい、これってこんな一瞬で縮むんだ・・・」って言ってたよね。

 

これ↓
f:id:ika-blog:20181203155414j:plain

 

 

 

 

 

その後帰る準備をしてる時、ちょっと気まずい空気になっていたから、彼女は僕のことを和まそうとしてくれたのかな。

 

 

 

 

 

 

 

彼女が「叔父さん昔はこんな感じだったんだよ~。本当は優しいんだよ。」とか笑顔で言いながら、さっきの叔父さんの昔の写真を見せてくれたんだよね。

 

 

 

その写真がこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ika-blog:20181203160330j:plain※イメージ写真

 

ツッパリやないかい。

 

 

 

 

 

 

f:id:ika-blog:20181203155529j:plain

もっと縮んだ。

 

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。