とりあえずやってみる精神

スポンサーリンク

こんにちはケイタモスです。

先が見えない橋を渡るのって結構勇気いると思うんですよ。

 

もしかしたら足場がいきなり崩れるかもしれない。
もしかしたら手すりがちぎれるかもしれない。
もしかしたら強風であおられるかもしれない。
もしかしたら橋を渡ったところで何もないかもしれない。

 

無意識で「たくさんのもしかしたら」が自分の行動力を妨害してきます。
周りからも「たくさんのもしかしたら」を言われます。
とは言ってもその観察力は正しい場合もあります。

 

ただ、自分がやりたいと思ったことはとりあえずやっちまえと思うのです。

 

僕は結構プライドが高い人間です。
たくさんの人からすごいって言ってもらいたい。
かっこいいって言ってもらいたい。
恥はかきたくない。
失敗してるとこは見られたくない。
お金持ってるって思われたい。
とにかく自分を認めてほしいんですよ。

そんなうんち100パーセントな僕ですが、行動力とスタートダッシュを切る速さは自信があります。

 

そこで今回は、ケイタモス生き急いじゃったあるあるを紹介します。
多分似た人いるんじゃないでしょうか。

それではいきましょう。

 

 

 

生き急いじゃったあるあるその1

食べ放題最初の10分で失速

 

これはもうわかりやすいですね。

食べたいという感情が先行しすぎちゃうやつです。

 

焼肉の食べ放題ではメイン来る前に、サラダとか最初に来る肉盛り合わせみたいなやつを我先にとご飯と一緒に食べて大体お腹いっぱいになります。

この時点で僕のお腹の中にはトントロとサラダとバイキングのコーナーにあったカレーのみ(おかわり済み)。全然焼肉屋に行く必要がない。

メインの牛タンやカルビが来る頃には僕は一人、テーブルの隅で「ふぅ・・・」って言ってます。戦力外すぎます。
後半はずっと杏仁豆腐と韓国のりを食べ続けるマシーンになります。帰ったほうがいい。

 

 

 

 

 

 

 

生き急いじゃったあるあるその2

車めっちゃスピード出す

 

別にスピード狂じゃないんですが、バイクも車もすげー飛ばすんですよ僕。

本当に最近やっと治ったんですが、いつ死んでもおかしくない状態でした。
なんか移動時間がもったいないって思っちゃうんですよね。

たくさんの方に怒られて、やっとスピードを守れるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

生き急いじゃったあるあるその3

自分でもできるんじゃないかなって思う

 

 

周りがサラッとやってることって結構簡単に見えません?

僕は自分でもできるんじゃないかなって都度思います。

そんで毎回挑戦して失敗します。

 

スノボーって特にそう思うんですよ。
なんて言うかわかりませんが、ジャンプするための高い山みたいなのありますよね。
あれってみんな簡単にスイーンって飛ぶじゃないですか。

ただ板にのってあの山に突っ込めば自動的に飛べそうじゃないですか。

僕もそう思って突っ込んだんですが、飛んでる間になんかこわくなって、まるまっちゃったんですよ。
体育座りみたいな感じです。友人いわく爆弾岩みたいだったらしいです。

 

もちろん受身も着地もうまくできず、きれいにお尻から落ちました。クルリーン!ハー!

 

 

特に骨とかは折れてなかったのですが、その日一日ずっと屁が止まりませんでした。
3か月分くらいの屁を一日ずっとしてました。お得ですね。

 

 

 

 

書きたいことをつらつらと書いてたらまとまりがなくなってしまいましたが今日は以上です。

とりあえず言いたいことはみんな一回は雪山からジャンプしてみてくださいってことです。
屁が止まらなくなるのを実感してほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

あと照れ隠しで屁が止まらないって言いましたが、実際は実を漏らしてました。
やっぱり僕はプライドが高いようです。

 

その後、ノーパンでやるスノボーは開放的でした。本当に神に感謝。

 

 

 

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。