全裸で階段から転げ落ちた話

これは小学生の頃、友達と遊んでから解散した後、家に帰ったときの話です。

 

スポンサーリンク

 

母親に、まだご飯出来ないから先に風呂入っておいでーと言われたので、風呂の準備をしたんですね。

風呂も沸けたので、服も全部脱ぎ終わってさあ入るぞ!という時にあることに気づいてしまったんです。

 

着替え持ってきてねーやって。

 

その頃は、ほんのちょっとだけ反抗期だったということもあり、母親に持ってきてくるように頼むのも何か嫌だなーって思い、悩んだ末自分で持ってくることにしました。

 

でも、またイチイチ服を着るのもめんどくさいし、家には母親しかいないから全裸ダッシュで2階の自分の部屋まで行けばいいや、と決めたんです。

 

行きは、階段を軽やかなステップで2段飛ばしで登って行ったんです。

無事、着替えも入手して帰りも階段を2段飛ばしで降りようと思って、最初の1段目に足をかけた瞬間、やっちまいました。

 

 

そうです。ツルッと滑ってしまったんですね。

 

 

その瞬間から勢いよく、ズダダダダっ!!と転げ落ちていったのです。(揺れる金玉)

 

しかも、途中カーブがある階段だったんですが、そのカーブも難なくクリアして、ごていねいに1階までキレイに落ちていったんです。

 

 

 

そのただ事ではない音を聞きつけ、心配して駆けつけてきた母親。

 

 

 

 

着替えを握りしめ全裸で苦しんでる僕。

 

 

母親の、ちょっと引いた感じの『…大丈夫?』は、プチ反抗期の僕のプライドを傷つけたらしく、
僕はめちゃくちゃ逆ギレしながら、ダッシュで風呂に入っていったそうです。

 

横着者は、誰しもが皆ケツを見られる運命なのだということを、ひどく実感した出来事でした。

おやすみ。

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。