風呂に入りたい話

スポンサーリンク

こんばんはケイタモスです。

この前の話ですが、夜にバンドでリハに入っていました。
夜中にリハが終わってそのまま家にチャリで帰っていました。

へっとへとですよ。
リハ終わったあとチャリで帰ってもうへっとへとですよ。へとざわですよ。

チャリ乗ってる間、もう風呂入ることしか考えてません。

無事家の前に着きました。

 

 

さぁー、家に入ろう。

 

 

僕はズボンのポッケに入ってる鍵を…取り出し…鍵を…あれ?鍵?…えっ?鍵?

 

 

持ってる荷物全部ひっくり返しても鍵はないんだ。

5分探して僕はすぐに現実を理解した。鍵を紛失したって理解したよ。芹沢鍵無くしたってよ。

この時、時間は23時。まだ風呂に入る事を考えていた。

これから襲う絶望を予想しつつも、これはネタになるぞ~!って少しはしゃいじゃってる自分がいて嫌になっていました。

僕は家に入るため、色々試してみることにした。

 

まずは『パワー作戦』

説明すると難しいので簡単に言うと、男の鍛え上げられた力を使って、全力でドアノブをまわす作戦です。

この話で引っ張るのもアレなので結果だけいいますが、まぁもちろん開きませんがな。ドア開きませんがな。

次ですね。次だよ次。男は過去を振り返らない。

 

次の作戦『スパイ作戦』

ギターの弦を使って、ドアノブの鍵穴に突っ込み、ピッキングを試みる作戦です。

この話で引っ張るのも無粋なので結果だけいいますが、まぁもちろん開きませんがな。ドア開きませんがな。なぁどう思う蘭姉ちゃん?

次ですね。次だよ次。男は過去を振り返らない。

 

次の作戦『普通の泥棒』

これはもうベランダから進入するだけ。
僕結構壁とかよじ登るの得意なんで、余裕だと思ってたんだけど、夜中に人んちの壁上るのって音がめちゃめちゃ響いて普通に泥棒の音がするんですね。

絶対に捕まる雰囲気しか感じないので中止です。

 

 

 

 

万策が尽き、最後の手段として、大家さん家にピンポンして助けを求めましたがもちろん夜遅いので出ません。ふつうの迷惑野郎です。

 

 

 

 

結局僕は諦めて一度公園に行って作戦を練ることにしました。

 

 

 

 

皆さん多分思ってるでしょう。

 

 

 

鍵屋さん呼べばいいだろって。

これをちょっと見なさい。

 

鍵開けて貰うのってすごい高いんです。

 

僕はもうカラオケで朝まで過ごして朝イチに大家さんのとこに泣き付こうと考えていたら、
たまたま近くで飲んでいた友人が助けてやるよって言って遊びに来てくれました。神様です。

僕はその神に、今の状況を色々伝えました。

友人は、僕の発言の中で一つの言葉が引っかかってみたいです。

 

 

『ポストのすぐ下に置き鍵あるって言ったけど、それをなんかくっ付くテープとかで引き上げるのはどう?』

 

 

それだーーーー!!!!!

そう、僕は部屋のポストのすぐ下にいつも置き鍵を置いていた。
手では届かないけど、何か長いものなら届く。

天才のアイデアはまさに晴天の霹靂。

今ここに、『サルベージ作戦』が始動した。

必要な道具はこちら。

ヒモとガムテープと石です。ローソンで買いました。

これを一つのアイテムにして、
床に落ちている鍵を引っ付けてサルベージする作戦です。

今伝説が幕を開けます(時刻は24時)

 

 

 

これはサルベージ中の私。
完全に泥棒の姿である。

 

しかし!

小一時間格闘の末…ついに………!!!

 

 

 

 

 

うおおおおおおおお!!!!!!
きたーーーー!!!!!

普通に大きな声で歓声を上げた。
この時、時刻は26時、変態の誕生である。

 

この後、僕は無事に家の中に入る事ができ、翌日に合い鍵を2つ作ったのであった。

 

 

 

後、最初に行ったパワー作戦の影響でドアノブは壊れた。

RELATED POSTS


1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。