芸能事務所スカウトマンの仕事とマルチ商法の話

僕は昔、芸能事務所のスカウトマンをしていました。

渋谷のセンター街や原宿で通行人に、芸能事務所に入りませんか?と声をかけるだけの仕事です。

 

スポンサーリンク

 

 

「うちの事務所にはあの人もいる~この人もいる~こんなデカい仕事もデキる~」といった話を持ちかけて勧誘しており、給料は完全歩合で稼げない時は収入ゼロとかもありました。

 

 

 

働いてる時に、上司から言われたことは「とにかく誰でもいいから声をかけろ」でした。

 

この「誰にでも声をかけろ」なのですが、文字通り「誰にでも声をかけろ」なのです。

 

話しかける相手の顔面偏差値の話かとお思いかもしれませんが、そうではありません。
そこはたいして重要じゃないのです。

 

 

どういう意味かというと、

 

 

 

下は4歳くらいに子にも声をかけます。(親が一緒にいる場合に限る)

 

上は80歳くらいの方にも声をかけます。

 

外国人にも声をかけます。

 

 

 

このことを良く言えば、おじいちゃんもお父さんもお母さんもお隣さんもおっはー!の精神です。

 

 

悪く言えば、誰でもいい!の精神です。

 

 

 

 

大体もう察しがついたと思いますが、ここはスーパー怪しい会社だったのです。

 

 

僕らは、あまりそういう事に免疫がなさそうプラス、ひょいひょい付いてきそうな人たちを狙っていました。

 

僕は働いてても良心がめちゃくちゃ痛むので、1週間も働いてなかったですがすぐ辞めようと決意しました。

 

そして給料を貰いに行くため、事務所があるビルに寄ったら・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何もない。

 

 

 

 

 

 

ハァ~ン!!テレビもねぇ!!車もねぇ!!PC、カメラ、衣装もねぇ!電話もねぇ!!

 

 

夜逃げやないかい!!

 

 

 

 

・・・って、電話も繋がらないやないか~~~い!!

 

 

 

 

 

ワシの給料どうなるんや~!!ホゲ~!!

 

 

 

 

 

 

もちろん給料は貰えなかったですが、いい経験になった気がします。

 

マルチ商法とかもそうなんですけど、美味しい話なんてほぼ無いですよね。
自分の実力を把握して、ショートカットせずに地道にコツコツやり続けた人が最後に勝つのだと思います。

 

 

 

 

ちなみにそこの職場で友達になった人が「俺んちでホームパーティしよう!美味いカレー作ってやるよ!」と僕に言ってくれたのでその人の家に遊びにいったことがあります。

 

 

 

行ったら行ったで、終始マルチの勧誘でした。アムアムのウェ~~~イ!!

 

カレーも食べたのですが、材料費とか言われて1000円くらい取られました。
まぁ確かに「ご馳走してやる」とは言ってないもんな!あくまで「作ってやるよ」ベースだったからな!笑

 

 

っていうかそもそも何よホームパーティって!ホームパーティって言いたいだけだろ!
マルチやってても友達無くすだけだと思います。

 

 

 

美味い話には気をつけて!って話でした!ばーい!

 

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。