もげのぶ

先日、当バンドSEVEN STEPのBa担当でありリーダーでもあるHiroki氏からLINEでメッセージが来た。

 

そのLINEのメッセージがなかなか怖かった。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のスマホの通知バーに、

この「おわった」というメッセージが一言だけ表示されている。
そして画像も添付されているようだ。

 

心臓がキューンとなる。
なんかバンド関連でトラブルがあったんだろうか・・・。
メンバーの誰かが警察に捕まったのかな・・・。

覚悟を決めて、軽く息を吐いて画面をタップして内容を見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

Hiroki家のドアノブがもげていた。

 

 

 

もげのぶ↑

 

もげのぶを手に持ってるだけの写真なのに、Hiroki氏の全身の悲壮感がめちゃくちゃ伝わってくる。
boketeだったら満点の写真だよ。

運が悪いことに鍵をあける前にもげのぶと化したらしく、
家に入れないらしい。

鍵の話に関しては、僕も過去に似たようなことをやらかしているので、辛い気持はすごいわかる。

「風呂に入りたい話」

これはおそらく鍵でイレギュラーな事をやらかした経験がある人にしかわからないと思うんだけど、
確かに自分が置かれてるこの現状は辛いけど、何かこの状況下が面白くなってくるんだ。ちょっとハイになる。

事実、僕は自分が家に入れなくなったとき、
ありとあらゆる友達に電話をして今の家に入れないという現状を面白おかしく話したつもりだったが、
全然スベった。ふつうのピロートークだった。

だけど、鍵をやらかしたもの同士だとウケポイントがわかるので面白い。

正直電車の中でこのラインを見たときはかなり吹いた。

何も悪いことしてないのにドアノブがもげて、もげのぶと握手するハメになってるんだ。
もげのぶとなった以上、自分ではどうすることもできないらしく、業者を呼ぶとのこと。

 

 

グッドラック・・・と心の中で呟いて僕はギターを弾きにスタジオに入った。

 

1時間後

 

 

休憩中、フと思いだした。

 

そういや、家に入れたかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ入れてなかった。

 

 

 

僕が過去に鍵を無くした記事でも書いたけど、
業者を呼ぼうと思ったけどあまりに金が高すぎたので、
金をケチって自分で数時間かけて何とかやっとの思いで家の中に入れた事を思い出した。

正直めちゃくちゃ大変だったから、
次もし同じようなことが起きたら僕は業者を呼ぶかなたぶん・・・。
だけどそれでも躊躇するくらい請求額が高いんだ。

 

請求額におびえるHiroki氏を目視で確認後、僕はまたギター練習を再開した。

 

 

 

 

そして本事件発生から○時間後、業者にドアノブを直してもらい、無事に家に入ることができたみたいだった。

 

時間はかかったけど入れたみたいでよかった。

僕の場合は鍵の紛失だから合鍵作れば何とかなるけど、もげのぶだけは予測も予防もできないからなー。笑

 

みなさんも鍵の対策、気にしてみてください。

 

ケイタモスでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ最後に一つだけ画像を載せて、今回はさよならさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

つれぇ。

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。