【供養】掘り起こせ黒歴史!mixiの日記を見てみよう!

スポンサーリンク

こんにちは、ケイタモスです。

皆様、mixiは利用していらっしゃいましたか?
過去形で問いかけるくらいにmixiは過去の産物になっているような気がします。

10年前の僕が高校生の時から、mixiは友達と繋がるツールとしてたくさんの方が利用しておりました。
「コミュニティ」という同じ趣味の人が集うサークルのようなページもあるのですが、僕はそこで知らない人から中古バイクを買ったりと、mixiを結構活用させていただきました。

 

その中でも、mixiでは「日記」というカテゴリがありました。

皆様にも共感していただけると思うのですが、自分が過去に書いた日記ほどヘドが出るものはないと思っています。
先日、久しぶりにmixiを開いて自分が過去に書いた日記を見たところ、滑りすぎてて背筋が凍りました。

現在もまぁそこそこ滑ってますが、それを簡単に凌駕するほどに滑ってます。わしゃスケートリンクかいな~っ!っつってね!←これも滑ってます。

 

事故で僕が死んだとして、この当時書いたmixiの日記を誰かに見られたら恥ずかしすぎて余裕で現世によみがえるレベルですよ。
黒歴史なんて言葉じゃ片付けられないくらい、ゲボゴリラです。

 

ちなみに「mixiは黒歴史」ということに対して、mixiも公式で認めているみたいですね。

mixiの「黒歴史日記を掘り返すキャンペーン」に過去のユーザー絶叫 「消してえええ!」「パスワード忘れた!」

http://nlab.itmedia.co.jp/

 

 

 

 

それゆけ!地獄の向こう側!

 

さて、そんな僕が書いたmixiの日記ですが、想像してた以上に地獄でした。
なぜか日記のタイトルが「ひゃむたろう」だったり、日記の内容が彼女に対する愛を書いていたり、高校での出来事を絵文字全開で書いていたり、語尾に「わら」って書いてたりしてました。

一番腹が立ったのは「テンション」のことを「てんそん」って書いてたことでした。

こいつは何がしたいんだろう。
もう過去の日記見ながらヒヤヒヤしてましたね。ホラーなんかより全然怖い。夏にピッタリ。

 

今日はその中でも群を抜いて頭がイッてた日記の一つをここに公開して、mixiの日記を成仏させていただきたいと思います。
あの頃の僕よ、永遠なれ。

鳥肌全開ですが、覚悟して閲覧くださいませ。

 

 

ーーーーーーーーー

 

 

投稿日時:2009年04月01日16:26

 

 

件名:腕からえのき生えてきた

 

 

 

本文:

 

 

 

もうどうしようか本当に悩んでます。

 

抜いたら本当に人体に影響はないのか。

 

血が出るのか。

 

死んじゃうのか。

 

もしかしたらこれは神様が僕にくれた本当の心臓なのだろうか。

 

 

これは本当の心臓なんだ。

 

これを抜いたら僕は死ぬ。

 

そう確信した僕はしばらくこいつを見守る事にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経過報告

 

 

 

 

 

 

 

大変なことになりました。

 

ほぼえのきです。

 

このままじゃ僕は食べられてしまう。えのきに

 

このまま栄養を吸われて殺されてしまうんだろうか。えのきに

 

 

これは抜いてしまおう。

心臓とか言ったやつ誰

 

360度えのきだよバカヤロウ

 

まあもし抜いて跡が残ったらDHCを使えば平気だろう

 

そう思い
抜こうとしたら何だか眠たくなってきた。

 

 

まぶたが落ちてくる

 

 

 

えのきの胞子にやられたと気づいたのは消えゆく意識の中であった。

 

 

 

しばらくして目がさめた

 

ブラッディマンデイ…

 

そう意味もなく呟いた後に僕は目をこすった

 

何かが違う…

 

何かが違う…

 

 

 

大事な事なので二回言いました。

 

 

 

僕は鏡で自分の姿を見た

 

 

 

 

!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

そして僕は気づいた

 

 

 

これはえのきではなくて
しめじだ…

 

 

そして僕の意識は消えた。

 

 

 

 

 

あなたの後ろにもしめじは潜んでいます。

 

 

 

ほら…振り向いて…

 

 

ってか今年20歳になります

 

早いもんですね

 

ーーーーーーーーー

 

 

意味わからん。

 

 

 

あとがき

 

そういえば僕は当時、お母さんに言われた。

「あんた、自分が特別かと思ってるかもしれないけど、あんたは自分が思ってる以上に普通の人間だからね。」

そう、僕は当時自分が面白い人間だと思って結構調子に乗っていた。それに見かねて母がこの言葉を言ってくれたのだ。

 

お母さん、道を正してくれてありがとう。おかげで僕は元気です。
でも僕は最近、SNSで同じことを繰り返そうとしているよ。
僕はバカなんだよ。ねっ、ひゃむたろう?

 

PS,
mixiの過去の日記は全て消しました。
思い出よありがとう。

当時の僕よ、楽しそうな毎日みたいで良かったよ。

 

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。