満を持して女性になった話

半年前から最近まで僕は女性になっていた。
そして男性に戻った。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

きっと僕の言っている意味が全然わからないと思うけど、それは当然だ。

 

確かに僕は女性が大好きだけど、女性になりたいとは思わない。
僕は男性として女性が好きなだけだ。

 

 

 

僕が何をやったかを具体的に言うと、
Twitterで僕が女性としてアカウントを作ってみて半年間普通に過ごしてみたんだ。

 

 

 

ペルソナ像としての設定はこうだ。


  • 名前は詩織
  • 年齢は18歳で、八王子の高校に通う女子高生
  • 韓流音楽が好きでたまにライブも行く
  • 彼氏と最近別れたばかりなので、彼氏がほしいと時々つぶやく
  • 明るい性格なので友達は多いが男友達も多い
  • 兄弟は3つ離れた兄がいる。兄のことをおにぃと呼ぶ
  • 情に厚く涙もろい
  • 実は繊細で、理想の自分と現実の自分にギャップがあることに対してコンプレックスがある
  • ちょっと気持ち悪くてかわいいキャラクターのストラップをカバンにつけている

 

 

僕の精神状況が心配になった方がいるかもしれない。大丈夫、正常だよ。

僕自身でもこれはなかなか気持ち悪いなと思っているからそこは問題ない。
とっくに線路から脱線はしてるが、余裕の平常運転だ。

 

 

 

しかしこれは、わるく言えばネカマ(ネット上で女性を演じてる男性)であり、ただの変態だ。

 

ただ、僕は女性がネット上でどれだけチヤホヤされるのかを知りたかったしそれを公表したいだけだ。

 

 

 

自撮りの写真を載せるだけでどれだけいいねがもらえるのかを知りたかった。
DMとかもガンガン来るんだろうな。わくわくさんだよ。

 

 

 

 

 

プロフィールアイコンはフリー素材の女性を設定した。
プロフィールの文章は女性の友達に実際に作ってもらった。

 

 

フォローしてるのは、僕と、この計画に参加してくれてる女性、BIGBANGのメンバー数名と芸人、有名なバンドマン、あとホリエモン。
フォロワーは僕と、上記の女性の計2名だ。

 

 

完璧だ。ネカマ感も業者感も一切ない。これはいけるぞ。
僕は胸がおどった。

 

 

ツイートする時間も事前にそれとなく設定をした。

 


・朝、通学中の電車の中
・学校ではスマホ持ち込み不可だと仮定して、昼休みぐらいにこっそりと
・放課後に友達と一緒に遊んでる時


1日三回ツイートする予定だ。

 

実際の女子高生がどういうツイートをするのか入念にリサーチもした。いよいよ変態である。

 

 

そして僕・・・いや、ゥチは記念すべき1回目のツイートをした。
この高揚感は、新しいゲームソフトを買って、ゲーム機の電源を入れる瞬間と似ていた。

 

 

 

 

 

 

 

投稿した文はこちら

 

 

 

 

我ながら渾身の一文だ。キモみの極みだ。

 

 

 

ダラダラ書くのは違うと思いシンプルに。
「Twitter」が英語なのは予測変換で出たからそのまま打ったという設定。
顔文字は女の子が使いそうなものを。

 

 

自分で言うのは結構キてるかもしれないが、上手いと思う。

ちゃんと18歳女子高生になれたと思う。

 

 

ちなみにこの投稿は自分がこの日サポートしてたバンドのライブがある日のリハ前にやった。
変態がギターを弾いていてメンバーには本当に申し訳なく思う。
ケイタメンバーはここに謝罪する。ごめんね。

 

 

 

 

 

 

リハ後、Twitterを開くと通知が来ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!!

 

 

 

 

 

 

いいねが付いてる!!!!!

 

 

 

出会い目的っぽい男性がいいねをつけてる!!

 

 

 

 

 

これはなかなかいいスタート!

 

 

 

 

後日、新たにツイートをする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はあまり絵文字も顔文字も使わない人間なのでこの投稿は苦労した。

 

なのでタイムラインに流れてくる友達のツイートを参考にした。

なかなかいいんじゃないだろうか。

ちなみにもちろんリア友はいないのでフォロワー増えない。

 

 

 

 

 

しばらくするとこの計画に参加している女性からLINEが飛んできた。

 

 

 

 

 

 

なんかネカマっぽくない?

 

 

 

えっまじか。事情知ってるからそう思うだけじゃないのかな・・・。

 

 

 

しかしこの女性の意見は正しかったのかもしれない。

 

 

 

 

というのもその後、幾度となくツイートをするがフォロワーは業者しか増えず、DMが来ることもなかった。

 

スタバっぽい写真を投稿してもリアクション無し。

ちょっと女っぽい写真を投稿してもリアクション無し。

 

最後の切り札として、生脚の写真を投稿してもリアクション無し。

 

 

 

万策尽きた・・・。

 

 

 

 

半年運営した結果、最終フォロワーは8、いいねは一ケタ、DMは最後まで来なかった。

 

 

毎日投稿の予定がモチベーションが下がりどんどん投稿の回数も減って、最終的に開かなくなった。

 

 

戦略を考えながらやるツイッターは全然楽しくなかった。

 

 

毎日の投稿が全然乗り気にならなかったなぁ。

 

 

もしかしたらやらされてる感が心のどこかであったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

本当の女性がやってるSNSはDMとかバンバン来るものなんだろうか。

 

 

僕もスケベな男を軽くあしらってみたかった。

 

 

そんな思いを胸に抱きながら僕は詩織のアカウントを削除し、男性へと戻ったのであった。

 

 

誰も傷つけずに僕がただキショいだけで終わった話である。

 

おしまい

 

 

 

 

余談

詩織のアカウントで投稿したツイートに定期的にいいねをつけてくれる人がいた。

 

お礼も兼ねて、その人の投稿をつらつら見ていた。

 

リンクURLが貼ってあったのでうっかりリンク先に飛んだらレイバンスパムに感染した

 

その後しばらく詩織がレイバンbotと化したのは言うまでもない。

 

 

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。