日本一周13日目まで

人は簡単に信用したらアカン
今別府を出て山口県に向かってます。

スポンサーリンク

 

 

 

2012/05/08

屋久島~桜島

この日は屋久島を早朝に出発して15時に鹿児島に着きました。
港でカンパチの漬け丼を食べてそのまま海岸沿いを走って桜島へ。
19時頃に桜島の目の前にあった道の駅に寄って日本一長い足湯っていうのを発見しましたが、
どうせ温泉入るしなぁっ て思ったのでチラ見だけしました。

温泉に入った後、ベンチに座ったらなんかすげーザラザラしてる…と思ったら火山灰でした。
バイクのシートにも火山灰。すごい。

もう21時をまわっていたので今日はここにテントを張って寝ることにしました。
目の前には桜島って最高のロケーションでしょ。

最高の景色でうきうきだった俺は、
この日は暑かったし、テントにカバーをかけないまま寝ました。

 

 

~夜中~

 

ドーン!!

 

桜島噴火。

 

 

うるせーっ!

パラパラ…。
雨みたいにぽつぽつ降ってくる火山灰。

メッシュ状のテントをすり抜けて寝袋に火山灰が降りまくっている。まじか!

急いでテントにカバーをかける。
これで安心…。寝よう…。

 

 

~4時間後~

 

 

ドーン!!

まじか。

 

 

 

~朝方~

 

 

ドーン!!

 

ちくしょう!!!

 

 

食費686
ガス665
温泉330

 


 

2012/05/09

桜島~別府

昨日の山が張り切って噴火しまくったせいで、
なかなか寝れなかった俺は眠気を引きづりながら出発。

しかも、昨日はマットをひかないで寝たせいか、ケツがめちゃ痛い。
さらに、オフロードのバイクのシートは幅が狭いのでさらにケツに負荷がかかる。

今日はあんま移動できないかもなあって思ったらこの日は過去最高450キロを1日で走る
ランナーズハイみたいな感じでケツがハイになってました。

 

夕方頃、 別府に到着。

 

温泉をバイクでとことこ探してたら、おじさんに話しかけられる。

「なんか探してんの?」
温泉探してるんですよー。
「良いところあるから着いてきー。」

みたいな感じで温泉宿の前に到着。

 

「兄ちゃん東京からきたの?ちょっと待ってな。」

 

そう言っておじちゃんは弁当と酒を買ってきてくれました。
今日家に泊めたるわ!とも言ってくれた。

 

すごい親切なおじちゃんに俺は感動した。

 

だけど俺は心の隅でこの人をゲイなんじゃねーかと疑ってた。
すごい失礼な事をしていたと反省。

 

温泉に入る前にベンチで話しをする。

 

「俺も昔はバイクで旅したんやわー。
俺は人に親切をしてるつもりはない。困っているから助ける。
それが当たり前やろ。」

 

熱い男だった。
ピ○サロにいそうな人だなあ。
って思った自分を心の中でぶん殴る。

 

温泉は21時頃に入る事になり、
それまで街をぶらぶら探索してき!って言ってくださり、
二時間くらい余裕があったので、別府を一人でぶらぶらしてくることに。

一人になって俺はまた不安になってきた。

そして一つの疑問が生まれる。

 

 

やっぱゲイじゃねーのかなあの人…。

 

 

ツイッターで聞いたら全員に「お前食われるよ」って言われる。
なんか俺もそんな気がしてきた。

 

しかも職業が刑務所の看守って言ってたぞ。こえーよ!

 

そんなこと考えてるうちに時間がきた。

 

おじちゃんと合流して、
タオルとかシャンプーとか用意したから。と言ってくれる。
だけどもうその言葉にすら不安を感じる。

 

温泉に入ったら幸い他の客もいたのでここで何かしてくることはないだろう。

幸い風呂場では何もなかった。やっぱ俺、失礼なこと思ってたな・・・。

 

 

 

しかし、無事温泉から出ておじちゃんから衝撃の一言を聞かされる。

 

 

 

「俺な」

 

 

 

 

 

 

催眠術やっとんねん。」

 

 

 

 

 

 

 

キター!!
 

 

 

身体から血の気がひいた。

 

 

コウイウコトダッタノカ…。

 

 

「まあここだと人がいてちょっと気が散るから地下の駐車場いこか。」

 

人がいない地下?!

これはまじでやばい。
やばいやばいやばいやばい。

 

 

もうめっちゃ脅えながらその人の後をついていく。
ただ、俺のリュックにはハサミが入ってる。いざとなったら…。
あれ?そういえばこの人刑務所の看守やってるって言ってなかったっけ?勝てるかな…。

 

とか考えてるうちに地下の駐車場に着く。

 

「じゃあちょっとそこ座り。」

 

おずおずと車止めの縁石の上に座らされる。

 

もう帰るって言いづらいなぁあぁぁ!

 

 

「それじゃまず足を前にのばす。
そして目をつぶる。
あっそのリュック邪魔だから後ろ置いとき。」

…メヲツブル?!ってかさりげなく僕のリュックを後ろに置いたよこの人!

 

「目の前に手を出して風船で持ち上げられるように軽くなるはずや。ほーらそーら。」

 

 

 

 

 

 

もちろん軽くなるはずはない

 

ただ逆らえば本当に死ぬかも。

 

俺はゆっくりと手を浮かせた。
わあ!本当にウイタヨ!という言葉とともに。

 

おじちゃんは満足そうだった。

 

 

その後一時間くらい謎の催眠術につきあった。

 

 

「なりたい自分をイメージするんや!
そうや!体で表すんだ!」

 

 

もう意味がわからんこのおやじ
精一杯体で表現する俺。
なんだよこれコントじゃねーか
だんだん腹がたってくる。

 

 

 

 

その時だった。

 

 

 

 

一台の車が駐車場に入ってきた。

俺は目をつぶりながら助かったと思った。

 

そしたらおやじがその気配を感じて

「さっ、もう目を開けていいで。」

 

 

肩をぽんと叩いて
「じゃあまたさっきのベンチいこか。」と言ってきた。

 

 

 

こいつ確信犯や。

 

 

 

 

駐車場を出て、地上にあったベンチで話をする。

 

「まっ最初はこんなもんや。今日はちょっとうちには泊められないことになった。
明日の昼にまたここに迎えにくるから家に案内してそこでまた三時間くらいこれをやろか」

 

 

アァ…ハィ…。って!えっ!三時間?! ふざけんなピン○ロ野郎!

 

 

「後な、催眠術やってるとき俺が肩をぽんと叩いたの 覚えてるか?」

 

 

は…はいっ!

 

 

 

「あれで肩のコリがとれたはずや。そうやろ!」

 

 

 

 

ほっ…本当だ…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんとれていない。
 

 

心の中でドン引きしながら、この日は解散。
俺は海岸にテント張って就寝。

俺は別府を脱出することを決意。

 

 

そして今日05/10の午前7時、
無事北九州に逃げ出しました。
おやじには電話で 友人が事故ったのでお見舞いにいきます!って言ってなんとかなりました。

 

二年前にア○ウェイに勧誘されたときの恐怖を思い出したよ。
あの裏切られた感じ。笑

 

 

全然身体の疲れが抜けてないよー。

 

食費662
ガス2016
オイル交換1000

2012年5月10日 08:17

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。