親友の話

あんまり軽々しく親友という言葉を口にしたくないが、俺には親友が3人います。

 

1人は中学の時に。

 

もう2人は高校の時。

 

 

俺は友達が少ないし、歳を重ねるごとに友達が減っていった。というより、本当にこの人は友達なのかなー?って思ったり思わなかったりで、遊ばなくなっていった。結婚して披露宴やったらマジで人が集まらないと思う笑

 

それでもこの3人とはどんなに喧嘩や言い争いもしても、お互いを尊敬しながらいい感じの関係を築いてきたつもりです。

 

よくブログに登場する人物も、主にこの3人が多いわけなんですが、今日はその中の1人、高橋広夢(以下、ヒロ)を紹介します。

 

この人は高校から友達になった人間で、俺はこの人とずーーっと遊んでました。

ヒロはプロレスが大好きな人間でして、
昼飯の時とかは週刊プロレスを広げて、俺は絶対新日本プロレスに入るって毎日言ってました。

休み時間とかはみんなで筋トレしていました。キモいですね。

そして夢は現実となり、高校を卒業した数年後にこの人は新日本プロレスに入りました。

 

俺はかなり弱音を吐く人間でした。
この漢は一切弱音を吐かない人間でした。

 

それでも、この男でもたまに心が折れそうになるくらい、厳しい世界みたいです。

この男から電話がかかってきて、初めてしんどそうな声を聞いて、俺はかける言葉が見つからなかった。
なぜなら、俺は嫌になったらすぐに投げ出すぬるま湯人間だったから、本当に頑張ってる人間になんて声をかけたらいいかわからなかったんだよ。
自分の薄っぺらさが本当に嫌になった。

 

そこで、そこから俺も何か一つのことを超絶頑張ってみようと思った。そしたら、この人と同じ景色が見れると思ったから。それがたまたまバンドだった。

 

俺の心が折れそうになったら、ヒロの事を思い出して、いやいや…俺なんかまだまだつらくない、もっといけるって自分を鼓舞しまくった。
ここまで変われたのは間違いなくこの人のおかげだし、そのおかげで少しイイ男になれたと思う。笑

気付いたらグチも弱音を吐かない人間に変わっていき、生きるのがかなり楽しくなった。本当に感謝してる。

 

そして、ヒロはずーーーっと歯を食いしばって海外で修行をしてきて、
今日、ついに日本に帰ってきた。

俺が言うまでもなく、最強にかっこいい男、
新日本プロレスの高橋広夢。
どうか皆さん応援してあげてほしいです。

 

そして俺のブログを見ている皆様。
プロレスというものをどうか一度生で見てみて下さい。

どう楽しめばいいかわからないよね。
俺も最初見に行った時全然わからなかったけど、
生で見ると超楽しいんだよ。

 

どうかあなたの人生の一部にプロレスも入れてみて下さい。

こいつが日本に帰ってきてくれて本当に嬉しいからこんなこと書いてますが、明日からテキトーなブログ書くと思います。笑

 

この男がプロレスを続ける限り、俺も音楽を続けていくよ。

あー今日は気分がいいなーーー。
酒を飲むぞーーー!!

スポンサーリンク

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。