おしゃれを履き違えると人は死ぬ

スポンサーリンク

 

こんにちはケイタモスです。
皆さん服は好きですか?僕は好きです。
自分のお気に入りの服を着て出かけると、気分はルンルンですよね。
自分に足りない部分を補ってくれる気がするからおしゃれが大好きなんですよ。

 

大体の人は歳を重ねるごとに服の系統が変わると思います。

今でこそピシッとスーツ着てる人がゴリゴリのBBOYだったり。

 

そしてやっぱり誰にでも黒歴史ってあると思うんですよ。
あんまり言いたくないんですが僕も僕の周りの人達も結構あった気がします。

 

小学生の時は服に全く興味がなくて、
タウカンやピコに身を包み、マジックテープ式のスニーカーを履いていました。
VネックのTシャツの前面に良くわからん紐が付いていたり、
リュックも良くわからない三角系の斜めがけバッグ(あれ何ていうんだろ)を背負っていて地獄みたいなファッションです。

 

そして中学生時代。
おそらく大人になった人達は中学生の時のファッションは一生思い出したくないものだと思っております。
例に漏れず僕もそうです。

中学生の時に、そろそろ服何とかせな・・・!と思い立った僕は雑誌そのまんまのコーディネートを参考に服を買うことに。

 

しかし雑誌に載ってる服は値段がすごい高い。Tシャツ6000円?パンツ18000円?アウター50000円?あほか!!と思っていました。

正直言うとそれまでお母さんに服を買ってきてもらっていたのですが、
母のセンスがぶっ飛びすぎてて前衛的(悪い意味)すぎるものばかりなので自分で選ぶことにしたのです。

 

僕は八王子のダサキッズが通う服屋さん「ゴールウェイ」「しまむら」で服を買い揃えることにしました。
雑誌に載っている服自体は高くて買えないけど、似たような服なら大丈夫だと思ったのです。
ユニクロでいいじゃん、と思ってる方がいるかも知れませんが、当時のユニクロはまだまだダサくて若い人はあまり着てなかったのです。

ちなみにここ最近フリースをずっと着たいと思っているんですよ。
しかし小学生の時に友達の田辺君がユニクロで売ってたうぐいす色の最強にダサいフリースを着ていたんです。
こんだけ月日が経ったのに僕の脳裏には「フリース=ダサい」というイメージが完全にコビりついてしまい未だ着れずにいます。地味に恨んでます。

 

話は戻り、僕はしまむらで似たような服を揃えることにしました。

白Tシャツ(500円)・・・カーゴパンツ(1200円)・・・パーカー(800円)・・・安い!

 

しかし格安の服屋さんに行ったことある人はこう思ったはず。

 

 

 

 

 

 

なんか違う

 

 

TシャツはTシャツでも何か違う。
カーゴパンツなのに作りが何か違う。
無地のパーカーなのに素材が何かしっくりこない。

Tシャツの前面に「HELL YEAH!!」とかでっかくドーンと書いてなくていいんですよ!!

でもそのときの僕は「何か悪い文字が書いてあってかっこいい」と思ってしまった。
自分のセンスを信じてその格安コーディネート一式を買って街を闊歩しておりました。
今思うと無地のものを着てる方がまだマシです。

 

そういや学校でくるぶしソックスが流行ってみんな履いてたの思い出しました。
あれって全国的に流行ったんですかね。八王子だけかな。笑

 

そのころ、僕のとある友達はBBOYだったのですがピンクのアイテムを身に着けるのにハマってたみたいです。

ピンクのドゥーラグを被り、オーバーサイズすぎる4LくらいのピンクのTシャツを着て、ギラッギラのサングラスつけて、何故か鳥の羽(本物)のピアスをブラブラぶらさげていました。
今思うと林家ペーパーみたいな感じになってしまってた気がします。本人に言うと怒られそうなので控えます。
そんな彼もお店を経営していて今は頑張ってます。人は大人になるんだなぁ。と思ってたら先週くらいにスノボで腕の骨折ってました。笑った。

 

 

そして高校生になった僕はモテたい一心でファッションに目覚めました。

チョキチョキというファッション雑誌を買って日々ファッションを勉強しました。
前衛的なファッションカッコイイ!!と思った僕は、
耳にピアスを開けました。
そしてでっかい偽者のダイヤがついてるピアスを耳につけました。
そして彼女の友達からは「ギャル男」というあだ名で呼ばれました。悪い気はしなかった。

 

服については周りからも指摘されないし、僕は間違っていないと思い込んでいました。言ってくれよ・・・。

 

そこからエスカレートした僕は、
そんなんどこで売ってるねんっていう形をしてるサングラスをかけて、ダイヤのピアスを耳につけて、ちょっと強気な顔をしていました。

今でも思い出して悶絶するのは、民族衣装が売ってるお店でカーテンみたいな布を買ったのですが、そのカーテンを上着として着ていたことです。

これはさすがに周りの友達からホームレスと言われてすぐに脱ぎました。(すぐに脱いだと書きましたが、自分を信じて5回ほど着ました)

 

しかしそんな僕にも、道を正してくれる言葉が。

 

「お前そんなキャラじゃねーじゃん」

 

 

・・・確かに。

 

すごいシンプルな言葉ですが僕は何か妙に納得しました。

 

それからは普通のブランドの普通の形をしてるものを普通に着ることしたのです。
羽が生えたスニーカーや謎の素材のジャケットは売りました。なんだったんだあれは。

 

僕は今28歳。この歳になると昔ほど、なんじゃそりゃ・・・っていう服を着ることはなくなりました。(たまに着るけど)

僕は自分を信じすぎて失敗したようです。買う前に誰かに相談すればよかったな。笑
でもあのダサい服を着て気分が高揚してる自分も割と嫌いじゃなかった。

それでは、いいファッションライフを。

 

 

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。