料理の話

前の日記で僕は料理センスがないっていう話をしました。

 

料理をするのは楽しいから好きなんですけど洗い物が嫌いなんです。

なので、家で料理するときは、なるべくあまり油が出ないものを作るんですけど、

たまーに気が向くと、ちょっと凝った料理を作りたくなるんですよ。

でもそういうときに限って、今まで成功した試しがありません。

 

ここで、芹沢巨匠の幼少期から現在までの作品を振り返ってみたいと思います。

 

小学生時代(ジュラ紀)

 

親が出かけていて、留守番してるときにクレープが急に食べたくなって、自分で作ってみることにする。

当然、材料も作り方もわからないので、クレープにはおそらくコレが入っているであろうというものを予想して、適当にフライパンにぶちこんで焼く。

強火でしばらく放置する。

表面が黒くてぶよぶよしたよく分からないものができる。

なんだか怖くなって庭にフライパンごと隠す。

夜帰ってきた親が焦げ臭いにおいに気づき、問い詰めるが俄然シラを切り続ける僕。

親が、フライパンがないことに気づく。

バレてめちゃくちゃ怒られて暗い押入れに閉じ込められて泣く。

 

 

この小学生に時にかましたクレープ事件がトラウマになって、それ以来全く料理を作らなくなった僕ですが、20代から一人暮らしを始めたことで、その頭角が再びメキメキと現れ始めました。

 

20代(もつ煮編)

 

もつ煮が食べたくなり、家で作ることにする。

片栗粉をぶっこみすぎて煮こごりみたいになる。

マジで不味くて吐く。

 

 

20代(ポップコーン編)

 

電子レンジでポップコーンが作れる方法を知る。

耐熱容器にポップコーンの種を入れてワクワクしながらスイッチオン。

なぜか発火して容器が溶ける。

 

{9992F3D2-BBB9-4BAD-AB6C-77B67E5C9F5E:01}

 

 

20代(煮込み編)

 

煮込み系のものが食べたくなり、ネットで簡単そうなものを調べる。

材料入れて煮るだけのレシピがあったので、それを実行。

火の強さにそんなにこだわりをもっていないので強火で煮る。

テレビ見てたら焦げ臭いにおいに気づいたので鍋のもとにダッシュ。

水分が全部飛んでカラッカラになって切ない顔をしてる食材達を鍋の中に発見。

無理やりビールで流し込みながら食べる。

 

これが

 

{2C5272AA-D367-49B2-B65B-71E1DF2A166F:01}

 

こうなりました。
{A0101A4E-5D93-461E-9717-F52FDBBA967D:01}

 

 

記憶にあるものは大体このへんですが、他にも色々すごいの作ってます。

なので、昔からの僕の友人達はバーベキューとか、家でパーティとかしても僕をキッチンに立たせてはくれません。すごいもん食わされるハメになることが予測できてるんだろうね!

 

 

そろそろ炒め物以外もつくれるようになりたいですが、家全焼とか本当こわいんでやめときます。

 

 

そして来週末はライブです!!!!!!!

この日はフライパンではなくてギターを持っているので安心して下さい!!!!!

 

{8C4EAB4C-218B-4F84-8F86-D6D3DB8C3D91:01}


スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。