仕事中にビール飲みたすぎて飲んだ話

ビールは最高だ。

スポンサーリンク

 

 

 

生まれてから初めてビールに口をつけた時は、

 

 

 

こんなん飲み物ちゃうで・・・毒やで・・・バヤリースの方が美味いわ。

 

と眉間にしわを寄せていた僕だったけれど、気づけばビールが好きになっていた。

 

 

 

 

そんな僕でも社会人になり、一丁前に毎日仕事をしている。

 

 

今日は、過去にやったドキドキ体験をもう時効だと勝手に思っているから話したいと思う。

 

この話に別にオチはない。
居酒屋で全く知らない人の会話が聞こえてきたと思ったら、
その内容が「こどもが最近生まれた」ばりの、あなたの人生に何も影響を与えないような内容の話だ。
適当に見てほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時は20XX年。

 

 

 

 

当時働いていた職場に出勤して、自席について僕は悶々としていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ビール飲みたい・・・」

 

 

 

その日は外の空間がゆらゆらと歪んで見えるくらいの猛暑日で、
ちょっと凍ったグラスに黄金色の液体と雪のような泡が入ってるやつの摂取日和だ。

 

 

 

 

朝礼で僕が自分で本日の業務の流れを説明してる時も、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ビールのみたい)

 

僕の頭の中はこればっかりだった。

 

これではいけないと思い、僕は自席に戻り業務に取り掛かった。

 

部下が僕に質問をしてくる。

 

 

 

 

「芹沢さん、この台湾に送る資料なんですが・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たい・・わん・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう全然ダメ。質問内容が全然頭に入ってこない。2万って何だ。

 

あーーー。

 

決めた。

 

僕はもう決めたよ。

 

なんとしてでも今日ビールを飲む。
それも昼休憩のときに飲む。絶対にだ。

 

 

 

しかし僕の中にひとつ不安があった。

 

それは、過去に働いていた職場で、
上司が業務中に飲酒していたのがバレて2カ月くらい給料減らされたらしいのだ。

 

バレるのだけは本当にこわい。
給料が減ることよりも、たくさんのおとなに囲まれて怒られることを僕は一番危惧している。

 

やっぱりやめといた方がいいか・・・。
仕事終わりにたくさん飲むことにしよう・・・。

 

あっでも最後にスケジュールだけ確認しておこうかな・・・。うん、念のためね。昼は飲まないけど念のため。

 

 

 

 

 

 

○月○日 ケイタモススケジュール

 

 

 

お客様打ち合わせ:無し

 

 

 

 

 

クライアント様打ち合わせ:無し

 

 

 

 

ミーティング:無し

 

 

 

 

 

いけるね!!!!

 

 

決定です!僕飲み行くよ!

 

 

そのまま椅子ごと仰け反ってガッツポーズしたいくらいうれしかった。

 

そう、僕は今日わるいことをするんだ。

 

 

小学生の時の遠足時、お菓子代を少しだけ予算オーバーしたけれど、
それを周りに言わないでその金額のまま買った時と同じ感覚だ。

 

 

そうと決まればどこで飲むか考えよーっと!!

 

 

ビールだからなぁ~唐揚げかな~!いやーでも今日は唐揚げの気分じゃないな。冷ややっことか食べたいけどビールに合わないか。肉?やっぱ肉かな?でもそんな食べれない気がする。あっそういやさっき台湾の話してたな。小籠包だ。小籠包にしよう!はい!決定です~~~~!今日は小籠包です~~~!!

 

 

脳内サミットの結果、小を籠包することにした。

 

 

そしてその時間は訪れた。

 

 

時計が12:00に変わった瞬間に僕は高層ビルの窓をタックルでぶち破り、バランスを崩すことなく華麗に着地。

そのままバク転しながら台湾料理の店にピットイン。

トリプルアクセルを決めながら椅子に座り、
脚を組みながら僕は店員から注文を聞かれる前にこう答える。

「小籠包定食とビールひとつ」。

それを見て店員はこう言ったんだ。

Cool・・・!!

 

 

 

 

 

 

ちょっとだけ盛ってますが大体合ってる。インターネットの情報に惑わされるな。

 

 

実際は、普通に12:00になってとことこ歩いてエレベータに乗って1Fまで降りて、
お店に入って、小声で「すみません・・・ビールと定食ひとつ」って言っただけだよ。勘弁してほしい。

 

 

 

 

スーツを着ているのに真昼間にビールを頼むのは少しドキドキしたよ。

 

 

 

 

しばらくすると凍ったジョッキに入ったビールが僕の席に置かれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめん。こすりにこすられ尽くされたネタだけどあえて言いたい。

 

 

 

 

キンキンに冷えてやがる・・・っ!!

 

 

 

 

 

僕はジョッキを手に持ち、指に伝わる冷たさを感じながら口に流し込み、ゴクリと飲んだ。

 

 

 

 

ンッパァァァ~~~~!!!!!!

 

 

 

おいしいいいいいい!!

 

 

 

人生の中で一番美味しいビールだった。

いやごめんそんなことなかった。沖縄で飲んだビールのが美味しかったな。

でもかなり美味しかったのを覚えている。罪悪感は食事にアクセントを加えるのだ。

 

 

ご飯も食べ終わり、僕は会社に何食わぬ顔で戻った。

 

 

 

超満足だ。

 

 

自分の席に戻り、僕は真顔でパソコンのキーボードをカタカタと叩きだす。

 

なんだ、案外バレないもんだな。

 

 

すると、部下が寄ってきた。

 

 

「芹沢さん、この資料なんですが・・・あれ?芹沢さん顔赤いですけど酒飲みました?(笑)

 

 

 

 

全然バレてた。

 

 

 

 

僕はこの後急いで水を1リットル近く飲み、歯も磨き、マスクも付け、部下は刃物で刺して殺した。

 

 

 

良い週末を。

 

 

RELATED POSTS


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。